キリムズジャパン

1984年創業のキリム専門店。オーナー自らトルコで買い付けたこだわりのキリムを取り扱っております。ご希望の色、サイズ、お部屋の雰囲気に合わせてご提案もできます。

キリムの関連情報

キリム (Kirimu) は、コンゴ民主共和国の山岳地帯に暮らすニャンガ族に伝わる森の怪物。 その姿は七つの頭に七つの角、七つの目を持っており、牙は犬の物で、尻尾は鷲の物であるという。獣竜ともいえる。普段は森の中でじっとしているが、腹が減ると動き出し、近辺の村々を襲い人間を食べるという。 キリムは『ムウィンド叙事詩』では、トゥボンド(Tubondo)という村の英雄ムウィンドに野ブタ(または猪)を捕らえるようにと遣わされたピグミーのハンター3人を丸呑みにしている。その後ムウィンドはコンガの笏(conga-scepter)と、これまでも幾度と無く奇跡を起こしてきた彼の歌を用いてキリムを倒している。ムウィンドの村の人々がキリムの腹を開けると3人のピグミーのハンターが生きたまま飛び出した。それどころか7つの目を火であぶったところ、過去にキリムに食べられた人々が次々と生きたまま飛び出し、その人数は1000人に及んだ。ムウィンドはその人々のために山をひとつ与えた。しかしキリムは、今までにたびたびムウィンドを助けてきた雷の精霊ヌクバ(またはンクバ。Nukuba)と昵懇であったことが語られ、ムウィンドはキリムを殺した罰を受けることとなる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

キリムは平織り物の総称でトルコの言葉です。中央アジアや中東で作られ1500年以上も前から作られていてテント暮らしをしている遊牧民が敷物として利用したり移動する際の袋としても使われてきました。キリムは型紙を使わず織られデザインも先祖から受け継いだ柄をベースに自分の創造性を加えながら作られていました。同じように民族で作られているギャッベという織物もありますが織り方が異なります。ギャッベの場合縦糸に横糸を通して結び横糸をカットしながらパイルを作っています。その為厚みが出るので絨毯として使うのに適しています。キリムの場合は縦糸と横糸を一度に結びパイルを作らずに織り上げていくループ結びで仕上げていくので厚く仕上がることはありません。その為絨毯としてだけではなく部屋の間仕切りやテーブルクロスとしても使うこともできます。デザインもギャッベの場合は自然をモチーフにしたものも多く現代的な織物ですがキリムは伝統的な模様を大切にしている織物です。
Tagged on: , キリムズジャパン