昭和住宅

福岡エリアから価値の高い物件をご案内致します。【昭和住宅アセット事業部】のアパート経営。

不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

アパート経営を福岡で行おうとするなら、どのような土地を選ぶかは重要な問題です。立地条件が良ければ入居率は高まりますが、立地条件が良すぎる場合はコストがかかってしまうため、収益性が悪くなります。また、アパート経営をするにあたって単身者用のアパートを建てるのか、ファミリー向けのアパートを建てるのかで、選ぶべき土地の条件は変わってきます。 単身者向けのアパートを建てる場合は、駅から徒歩10分以内の場所を選ぶのがおすすめです。ただし、一戸建てを建てるような形状の四角い土地はコストが高くなるため、一戸建てには向かない旗竿地などがコスト的に安くおすすめです。 ファミリー向けのアパートを建てる場合は、駐車場があることが入居者の選ぶ基準になってきます。ファミリー向け物件は1戸当たりの物件の広さが単身者用と比べて広くなる分、総戸数が少なくなり、収益も少なくなります。コストを抑えるためには、ある程度の広さのある安い土地を探さなければなりません。
Tagged on: , 昭和住宅