アテネ・フランセ

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

公用語としてのフランス語を学びたいのであれば、東京のフランス語学校に行くと良いでしょう。基本的なことを学ぶことができますし、留学するにしても役立てることができるでしょう。フランスに行って街の人と会話する時に公用語を使うことなどないことが多いですが、何かの書類を書いたり道案内を読んだり、手続きをとったりするような時は公用語で話されることや公用語を使うことのほうが多いものです。ですから基礎として知っておくというのも良いです。どこの国でも大抵田舎に行けば日本のように方言があったり訛があったりで言葉に聞き取りにくさを感じることもあるものです。そういった時役立つのは書いて伝えるということですから、まずは誰でも理解できるような言葉を覚えておくと良いです。応用は基礎ができていないと途中でわからなくなってしまうことも多いので、どこに行っても通用するような公用の会話、話し方というのを覚えていくと良いでしょう。
Tagged on: , アテネ・フランセ