ボックキッチンカー

自動車の関連情報

自動車(じどうしゃ、英: car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

アベノミクス効果によって、景気回復がより顕著なものとなりつつあります。非製造業や中小零細企業にも、その効果が徐々に波及しつつある事は雇用の増加、失業率の低下等各種統計からも明らかです。個人消費支出の伸びも、少しずつ高まっています。その影響もあってか念願の脱サラを果たし、独立開業へと踏み切る方が急増しているのです。なかでも圧倒的な人気を誇るのは、飲食業界に他なりません。好況や不況問わず、人間が生きていく為には「食べる」という行為は、絶対に欠かせないものです。他の業界に比べ飲食業界は、参入障壁が低いという特徴があります。激しい競争が繰り広げられてはいるものの、常連客が増えると事業基盤が安定し易い為、開業希望者は後を絶ちません。なかでも最近、注目を集めているのが移動販売車です。通常の店舗ではなく、移動販売車を製作し事業を展開するオーナー(経営者)が増えています。移動販売車を製作するメリットは、主に3つあります。まず1つ目が、固定費が掛からないという点です。移動販売車を製作すると、賃料を支払う必要がなくなります。固定費は、経費の中でも大きなウェイトを占めるのは周知の事実です。繁華街等の一等地では、その負担が相当大きなものとなってしまいます。賃料の値上がりによって、止む無く移転を迫られるケースも、決して珍しくありません。リスクを軽減出来ますので、将来の展望が明るいものとなるでしょう。2つ目が、人件費が掛からないという点です。移動販売車を使って商売を行う場合、基本的には一人でやりくりを行います。取り扱う商品も、テイクアウト出来るものが基本になりますので、食器洗い等を行う必要はありません。店舗の場合、ある程度の人件費を支払わなければなりません。売上から経費を差し引いた、利益を確保する為には打ってつけだと言えるでしょう。3つ目が、場所に縛られる事が無いという点です。客足が伸びないからといって、店舗をあちらこちらへ移転させる訳にはいきません。移動販売車の場合、客足の期待出来る時間帯やイベントの有無に合わせ、営業場所を変える事が出来ます。
Tagged on: , ボックキッチンカー