株式会社三晃商会

中古クレーンの買取販売は三晃商会にお任せください。。重機販売輸出や建設機械輸出、中古建設機械の販売・買取を行っております。

建設機械の関連情報

建設機械(けんせつきかい、英語: construction equipment)は、土木・建築の作業(工事)に使われる機械の総称である。省略して建機(けんき)、または重機(じゅうき、heavy equipment)とも呼称される。人力で施工することが困難な作業を機械化したものがほとんどである。高度経済成長の時代に高層建築や道路整備などで建設機械が日本の社会資本整備に果たした成果は大きい。20世紀末から21世紀現在では、公共事業のコスト削減が叫ばれており建設機械にはさらなる作業の効率化などの役割が求められる。 日本での建設機械需要の60%強は、レンタル機の活用に移ってきている。建設業者の経営合理化に向け、機械経費削減のために、この流れはまだまだ加速している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

一般的に中古クレーンを買取してもらう時には、査定見積もりと本査定の二つが行われます。 買取業者に依頼をした後に、まずどのくらいの金額となるのかといった見積もりが提示されますが、この場合、金額を決める要素は中古クレーンの年式や機種といった情報のみとなります。 そのため、必ずしも、ここで提示された金額で買取となるわけではないことを知っておきましょう。 見積もりである程度の金額を把握し、その額で納得したら次は本査定となります。 実際の中古クレーンを業者にみてもらうのはこの段階となりますが、業者によっては見積もりの際に写真などからおおよその金額を決めるようにしているところもあります。 本査定では見積もり額を決める情報だけではなく、実際のクレーンの状態や動作確認などが行われますので、その前にきちんと汚れなどを落として綺麗な状態にしておいたり、動作に問題が起きていないのかを確認しておくと、事前の見積もり額から大幅に減額されるようなことを避けることができるはずです。
Tagged on: , 株式会社三晃商会