玄海

福岡糸島芥屋にある海の家玄海ではバーベキューや花火、イベントなど楽しみが盛り沢山!そして冷房付きの個室やパウダールームのほか、ウォシュレット付きトイレ・温水シャワー・キッズコーナー完備!博多からのアクセスも良好で、手ぶらで来ても快適に海水浴が楽しめます!

海の家の関連情報

海の家(うみのいえ)とは、海沿いに建てられた施設や店舗。 企業従業員、官公庁職員、市民に対する保養のための厚生施設。 海水浴場で海水浴客の便宜を有料で提供する小屋。2.について、営業形態は主に2つある。海水浴シーズンと共に仮設小屋を建てて営業し一定期間後に撤去する形態と、建物を建設した後は季節により撤去せず、主に夏に営業して年間収益の多くをその時期に得るが、他の季節は、様々なイベントに貸し出したり、そのイベントに伴う食事の提供を行なうこともあり、また曜日や時間帯を限定してレストラン・食堂として営業する場合もある。 なお、海の家を「浜茶屋」(はまぢゃや)と呼称する地域は、山形県、新潟県、北陸三県、京都府、兵庫県(日本海側)など日本海沿岸地域、および、三重県である。 本項では、2.について解説する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

地図で見れば一目瞭然ですが、福岡県は海に囲まれた土地です。少し突き出した西側から北へ、そして東南方向にかけて海が広がっています。海岸が長いだけなのとは違い、変化に富んだ地形と景観を楽しめるのが、福岡の海岸線なのです。季節、天候、時間帯によって自在に変わっていく姿は、多くの人を魅了するものなのです。 そんな福岡の海を楽しむために必要なものは、海の家。夏の海水浴場には欠かせない季節の風物詩です。しかし楽しむためには、情報をきちんと仕入れておかなければなりません。例えばバーベキューが出来ない海の家なんて、はっきり言って意味がありません。おいしい食事がないのもがっかりです。これら基本中の基本が出来ていない店も、実は意外とあるもの。 また、誰と行っても納得のいく設備があった方が、好ましいことは勿論のことです。家族とでも、友人たちとでも、そしてカップルでも、誰と出かけても快適な設備。例えば、シャワールームやパウダールームが完備されているかどうかです。トイレがきれいかどうかも重要な決め手になります。せっかくの海、楽しくおしゃれに過ごしたいものですから。
Tagged on: , 玄海