浪貝畳店

東京都世田谷区太子堂で畳張替えなら浪貝畳店まで!!新調、リフォームなど何でもご相談ください。また、襖・障子についてのご相談も受け付けておりますのでお気軽に御相談ください。

畳の関連情報

畳(たたみ)は、日本で利用されている伝統的な床材。芯材になる板状の畳床(たたみどこ)の表面を、イグサを編み込んで出来た敷物状の畳表(たたみおもて)でくるんで作る。縁には畳表を止める為と装飾を兼ねて、畳縁(たたみべり)と呼ばれる帯状の布を縫い付けるが、一部には縁の無い畳もある。 畳には縦横比が2:1になっている長方形の一畳サイズと、これを横半分にした正方形の半畳サイズの2種類がある(以下の記述は特に断らない限り一畳サイズに関するもの)。大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm、1.6562 m2)のものが基本となるが、部屋の寸法に合わせて注文生産される場合が一般的なのでサイズは一定していない。一般的な規格としては、京間(本間)、中京間(三六間)、江戸間(関東間、田舎間、五八間)、団地間(公団サイズ、五六間)の4種類が有名である。この他にも地域ごとに様々な規格が存在する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

近年では畳のある和室がある家は減ってきていますが、やはり畳というのは日本の予期雰囲気があることが見直されて、再び使いたいという人が増えてきています。昔は大きな畳が何枚で何畳の部屋というように数えていましたが、おしゃれな畳も増えてきているので、部屋の一部だけ畳にしてみたりとちょっとした工夫とテクニックで雰囲気の良い部屋を演出することができるアイテムとしても使うことができます。 世田谷区にある畳店では、古くなってしまった畳張替えなどきれいで衛生的な畳にとりかえることができます。良い畳を基から使っていれば裏返した使ったり、畳の表面だけ畳張替えするなどのテクニックを使うことができるので、思っているよりも割安で新しい畳に交換することができます。 畳の状態にもよりますので、まずは世田谷区の畳店に畳の状態を確認してもらって、見積もりをだしてもらいましょう。畳は使っているとどうしても劣化してしまいますので、定期的なメンテナンスが必要です。
Tagged on: , 浪貝畳店